si409オーストラリア・シドニーで、航空機を墜落させる計画を立てていたとしてレバノン系オーストラリア人の男ら4人が逮捕された。

4人はシドニー発中東行きの民間機に手荷物として爆破装置を持ち込むことを計画、肉ひき機のような調理器具の中に仕掛けたおがくずと火薬を使うつもりだったとしている。 また、情報筋の話では、硫黄を主な成分とする有毒ガスを発生させ、乗客乗員全員を死亡させるか、体の自由がきかない状態にしようとした可能性があるとしている。