DV209パリのエッフェル塔に5日夜、刃物を持った男が侵入しようとして警察に拘束された。男はエッフェル塔の入り口にある保安ゲートで刃物を取り出し、その場で取り押さえられた。

エッフェル塔は一時封鎖され、観光客が避難するなど大きな騒ぎとなった。 男は10代後半、モーリタニア生まれのフランス人で、刃物を取り出す際、アラビア語で「神は偉大だ」と叫んだという。

警察の調べに対して男は、「イスラム国」のメンバーと連絡を取っていて、その指示で兵士を殺害しようとしたと供述しているという。