xx012トランプ米大統領は8日、北朝鮮に対し、これ以上米国を威嚇すれば「炎と怒り」に直面することになるとの厳しい表現で警告した。

これに先立ち米情報当局は、北朝鮮がミサイルに搭載できる小型核弾頭の製造に成功したと分析していた。

トランプ大統領は休暇を過ごしているニュージャージー州のゴルフ場で記者団に対し、「北朝鮮は米国にこれ以上脅しをかけないほうがいい。世界がこれまで見たこともないような、炎と怒りを浴びることになるだろう」と明言。

ホワイトハウスのコンウェイ大統領顧問はトランプ氏の警告について質問を受け、力強く明白な発言だと述べた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トランプ大統領、我慢も限界にきているのは間違いないが、それより、やらねば国内外から「やはり無能だった」と揶揄されることとなり、もはや武力制裁は避けられない状況にあり、いつやるかの問題となっている。Xデーは9月9日とみられているが、次なるICBM発射か核実験決行がその時とみられる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

戦火が及ぶであろうこの危機的な時期に日本は妙に静か、日本人は本当に”完璧に”平和ボケしたようである。