jp777アメリカと日本を敵対視し核武装を図る北朝鮮、間もなくその目的が達成されようしている。そんな中、海外では「日本核武装」賛成論がではじめている。

アメリカの軍事専門家アンダース・コー氏は、「日本が自前の核兵器を持てば、全ての民主国家は安全になる。強い日本は、北朝鮮や中国の膨張を阻止する」、「米軍が各地に駐屯する必要がなくなる」と述べた。この他にも、日本の核武装への積極的な「賛成論」がでてきている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

北朝鮮に対しアメリカは軍事的な脅しはかけているが、実際には自国や日韓に相当な被害が想定されることから攻撃は実行できない。ならば核攻撃の一番の標的となろう日本は、これにどう対処しなければならないのか。国家存亡の危機が迫るなか、「経済制裁」や「抗議」だけではもう済まされまい。核攻撃を防ぐ方法は「核武装」しかない。これ以外に国家を存続させる強力な手段は他にない。 もう平和を”願っているだけ”の場合ではない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本国内では、人目を気にする国民性から「核武装」を表立って論じる者がいない。まるで関係のない国のことのように静かである。不思議な民族である。