政府は、レーザーを使ってミサイルを破壊する新たな迎撃システムの開発を検討している。防衛省は2018年度概算要求に、高出力レーザーシステムの研究費として87億円を計上した。

高出力レーザーを航空機や艦船などから発射直後(ブースト段階)の弾道ミサイルに照射し破壊するもで、どんな軌道で発射しても迎撃できる。