アルゼンチン海軍の潜水艦が、15日朝を最後に司令部との連絡を絶ち、行方がわからなくなっている。消息を絶ったのは「サンフアン(ARA San Juan)」で、44人が乗り組んでいた。

アルゼンチン国防省によると、18日にサンフアンからとみられる人工衛星からの救難信号を受信したが、完全に接続することはできず、現在、発信源の正確な位置の特定作業を行っているという。



続報:アルゼンチン海軍は30日、生存者の発見を断念したと発表した。