ghdrr299米ワシントン州で18日、高速鉄道が速度超過で脱線し、一部が高架下の道路に落下した事故で、列車には制限速度を自動的に守らせる装置「ポジティブ列車制御」(PTC)の搭載が進められていたものの、作動可能な状態にはまだなっていなかったことが明らかになった。

高速鉄道は制限速度時速30マイル(約48キロ)のカーブに時速80マイル(130キロ)で突入し脱線した。

この事故で、鉄道愛好家の友人同士の2人と、全米鉄道乗客協会(NARP)の役員、あわせて3人が死亡した。